会社からお金を借りる際の注意点

どこの会社でも従業員貸付制度があるわけではありません。会社からお金借りるためには、まず会社が貸し付ける制度を採用していることが大前提です。

中小企業では、従業員のための貸付制度を採用していないところが多いと言われていることもありますが、ヤミ金や違法な業者に借り入れを従業員が申し込んでしまうことから守るために、貸付を行っていることもあります。

またたとえ貸付制度があったとしても、従業員なら誰でも利用できるというわけではありません。勤続年数の条件があることがほとんどですし、一般の貸付と同じような審査にあたるものはもちろん行われることになります。

あまり大きな金額ではなく、せいぜい30万円ぐらいが会社での貸付制度のリミットとなっていることもあります。大きな金額ということになると退職金との相殺というシステムになっていることもあります。

とにかく経理部など社内の担当者に相談してみることが先決です。特に社内に宣伝していることでもありませんから、自分の会社の貸付制度については知らない方も多いはずです。ただし、少なからず印象としてマイナスにとられてしまうこともあるかもしれません。とはいっても、無理にヤミ金などに申し込んでしまうよりは、会社の制度を積極的に活用するほうがよいでしょう。

もちろん返済には利息(一般的なローン商品に比べると金利は低いでしょう)を支払うことになります。何度も繰り返し利用するような、カードローンのようなシステムではなく、どうしてもお金が必要な緊急事態にだけ申し込みをすると考えておく方がよいでしょう。

未成年の学生はお金を借りることができない、20歳という条件

どんな学生でも無条件でお金を借りることができるわけではありません。
未成年は借り入れをすることができませんので条件として一つ20歳以上となっているものです。
例外としてはクレジットカードがあります。
クレジットカードの種類によっては18歳以上が利用条件となっているところがあり、キャッシング枠は20歳以上だとしてもクレジットカードのショッピング枠自体は18歳以上という条件になっているクレジットカードもあります。

しかしキャッシングにおいては20歳以上が基本となっています。
これにはどういった意味があるのでしょうか。

一つ大きく挙げられるのは成人であることでしょう。
自己判断に責任が伴う分かれ道として成人であるかどうかはポイントになるはずです。
同じ学生でも18歳であれば親の管理下にあるイメージがありますが、20歳となれば自立していて当然であるイメージに変わるのではないでしょうか。
親と同居をしていたとしてもお小遣いとして親からお金をもらうのではなく、アルバイトの収入などによって自分の生活資金であったり購入資金を賄うことが当然とされる年齢でもあります。
自己判断による自己責任、それが成年になるということなのかもしれません。

キャッシングをするときにも成人であることを条件として、安定した収入があることも条件としている以上、学生も社会人も主婦も同じ土俵に立っています。
借り入れる限度額には収入が影響をしてきますが審査の合否には影響しなこととなっています。

© 未成年の学生はお金を借りることができない、20歳という条件